乾燥肌が起こる原因は?

乾燥肌の原因は水分保持力が低下していること

乾燥肌という方がかなりいらっしゃいますが、乾燥肌には季節的なものと慢性的なものがあります。

かゆくなったり皮がむけたり、スキンケア化粧品を使うとしみたりする乾燥肌は、どうして起こるのでしょうか?

 

健康な肌の場合、角質層に水分を保持するのがあたりまえです。
しかし、乾燥肌の方は、この水分の保持ができない状態になっています。

 

肌のバリア機能が低下し、角質層等の働きが悪くなっているのが水分保持ができない理由です。
水分が保持できない肌は、ハリが無くなり、たるみやシワの原因になることもあるでしょう。

 

保湿化粧品を選ぶときにはこの水分保持に有効な成分を使っているかが鍵になります。
最近ではセラミドを作り出して水分保持能を活性化させる「ライスパワーNo.11」というお米を発酵したエキスが知られています。
この成分を配合した化粧品等が注目を浴びています。

 

洗顔のしすぎなども乾燥肌の原因に

また、人の肌は、皮脂腺から分泌される皮脂がクリームの役割をはたしていますが、

洗顔のしすぎなどで皮脂が落ちてしまい乾燥肌になってしまう場合もあります。

 

寒い季節になると一時的に乾燥肌になる人も多いですが、洗顔やバリア機能低下などが原因の場合、夏でも肌が乾燥肌です。

 

季節的なもので乾燥肌になっているならば保湿などでかなり改善されることもあるでしょう。
慢性的なものならば、洗顔方法やスキンケア化粧品、食事や生活習慣を改必ず何らかの原因があります善しないと乾燥肌が治らないこともあるので、治療が必要な場合もあります。

 

どちらの乾燥肌でも、ので、保湿するばかりではなく原因の改善を心がけてください。

 

乾燥肌に効く人気化粧品はこれだ!!トップページに戻る