乾燥肌さんが寝る前にしておくと良いお肌のケア

寝る前にしておきたい!乾燥肌さんの肌対策。

肌のタイプは、脂性肌や混合肌、敏感肌や乾燥肌などに分けられていますが、なかでも乾燥肌の人が寝る前にしておくことで、翌朝起きたときに感じられる肌の乾燥状態を、和らげてくれるお肌のケア方法があります。

 

乾燥肌は、皮膚の角質層で水分を保つことができなくなったり、皮脂の分泌量が低下して皮脂膜を作れない状態にあるため、肌にうるおいがなくなり、かさつきやかゆみ、赤みなどの症状がでやすくなるものです。そのため、皮膚が必要とするセラミドや天然保湿成分、ヒアルロン酸やエラスチンやコラーゲンなどを、角質層や真皮などに届けてあげることが大切になります。

 

現在では、これらの成分が主要成分として含まれている化粧品が多く販売されています。
睡眠中には、体内や皮膚からは水分が奪われていきますので、寝る前にセラミドや天然保湿成分、ヒアルロン酸やエラスチンやコラーゲンなどの、保湿成分が配合された化粧品を使用して、肌の角質層に浸透させ細胞間脂質を増やしていくことが、乾燥肌の人には有効となるでしょう。

 

また保湿能力の高い化粧品には、乳液状やクリーム状、ジェル状や水のような液体などの美容液があります。
この美容液には、セラミドが多く配合されていて、アルコールや香料、着色料などは無添加となっている製品もあります。
乾燥肌の人は、睡眠時を効果的に利用してお肌の乾燥を改善させるために、寝る前に保湿成分が含まれた化粧品を使用し、水分を奪われないうようにするのがいいでしょう。