ホルモンバランスによる肌トラブル

寝不足とホルモンバランスの関係とは

冬の季節、乾燥肌にお悩みの方も多いのではないでしょうか?

特に、女性の方は、化粧品を使っているのが原因なのではないかなどと思われているかもしれません。

 

もちろん、乾燥肌に化粧品が影響しているということもあるでしょう。
しかし、乾燥肌の原因には、寝不足という要因もあるのを御存じでしょうか?
すなわち、寝不足がホルモンバランスの乱れが引き起こし、それが肌トラブルの原因となっていることもあるのです。

 

ですから、現代人は睡眠の大切さということをもっと認識したほうが良いと言えます。
例えば、我々の短期記憶が長期記憶として保存されるのも睡眠中です。
ですから、よく眠ったほうが受験勉強にも良いと言われるわけなのです。

 

成長ホルモンは睡眠中に分泌される

また、成長ホルモンが分泌されるのも睡眠中です。

ですから、「寝る子は育つ」と昔からの言い伝わりが残っている訳です。
それから、筋トレをして筋肉が成長するのも睡眠中だと言えます。

 

このように、睡眠というのは、非生産的で無駄な時間なのではなく、実は人間にとって非常に重要な時間なのであると言うことができます。
乾燥肌に悩んでおられる方は、まず規則的な生活をして、十分な睡眠をとるようにした方が良いと言えます。

 

そうは言っても、なかなか眠れないのだという方は、やはり運動の習慣をつけるべきなのだと言えるかもしれません。
また、就寝の数時間前にお風呂に入るという習慣もお勧めです。そうすると、深部体温の低下により睡眠が促進されます。

 

トップページに戻る>>